お電話でのお問い合わせはこちら

072-422-9909

072-422-9909
外科 外科

患者さまへ

当科は常勤医師2名と大阪医科大学からの非常勤医師で診療にあたっています。
消化器癌(胃癌や大腸癌など)、胆石などの胆道疾患、虫垂炎、痔疾患などの消化器疾患の外科治療を中心に鼠径部ヘルニアや一般外科疾患の手術も多数行っています。診療に関しては各疾患の治療ガイドラインに基づいた治療を実践しています。

外科で診療する代表的な疾患と治療方針について

消化器癌
胃癌、大腸癌(結腸癌・直腸癌)などがその代表的な疾患です。前述のとおり各治療ガイドラインに基づいた治療を行っており、標準治療を確実かつ安全に提供できるよう心掛けています。手術は従来の開腹手術のみならず症例によっては腹腔鏡下手術を選択しています。
診断や治療方針については消化器内科との密な連携が不可欠ですので、毎週行われる合同のカンファレンスで治療方針を決定しています。
癌の進行度によっては手術で病変部を切除した後で化学療法(抗癌剤治療)を一定期間追加します(補助化学療法)。また癌の再発を認めた場合は積極的に化学療法を行っています。
胆石症
現在ほとんどの胆嚢摘出を腹腔鏡下に行っています(腹腔鏡下胆嚢摘出術)。
腹腔鏡下胆嚢摘出術は数ある腹腔鏡下手術の中で最も数多く行われている手術といって良いでしょう。傷が小さいので痛みが少ない、美容的に優れているなどのメリットがあります。従来はお腹に数か所の穴を開けて手術していましたが、最近は傷の数も減らすようになり、症例によっては一か所の傷での手術も可能になってきました。通常の腹腔鏡下胆嚢摘出術であれば術後2〜3日程度で退院が可能です。
総胆管結石を合併した症例は消化器内科と連携し、内視鏡的に総胆管結石を除去した後に可能な限り腹腔鏡下に手術を施行するようにしています。
また急性胆嚢炎を合併している場合はガイドラインに基づきできるだけ早期に手術対応できるように心がけています。
(胆嚢摘出術は胆のうポリープや胆嚢腺筋症といった疾患でも行われます)
急性虫垂炎
急性虫垂炎の全てが手術と対象となるわけではありません。近年は抗生剤による治療が発達し点滴による治療のみで軽快する症例も多数ありますので、消化器内科との連携が重要な疾患の一つです。手術は開腹手術のみならず、症例によっては腹腔鏡下に行う場合も多数あります(腹腔鏡下虫垂切除術)。さらに症例によってはお臍部分の一つの傷で手術を行うこともあります(単孔式腹腔鏡下虫垂切除術)。
鼠径部ヘルニア
鼠径ヘルニア(脱腸)や大腿ヘルニアがこれにあたります。ほとんどの症例は腹腔鏡下に修復術を施行しています(腹腔鏡下修復術)。傷が小さく痛みが少ない、ヘルニアの性状を確認できる、反対側のヘルニアの有無を検索できる(あれば両側同時に手術します)などのメリットがあります。腹腔鏡下修復術以外にも各種のメッシュを用いた従来法(鼠径部切開法)を行っています。いずれの手術も通常術後2〜3日で退院可能です。
肛門疾患
痔核(いぼ痔)、痔瘻(あな痔)、裂孔(切れ痔)などの痔疾患が主に対象となります。ほとんどの痔疾患は日常生活の改善や便秘の解消、薬物治療で改善しますが、時には手術が必要となる場合があります。内痔核に対しては従来からのスタンダードな手術である結紮切除術だけでなく、最近の新しい治療としてALTA(ジオン注)を用いた内痔核に対する硬化療法を行っています。内痔核に直接注射し、痔核の縮小を図ります。結紮切除術に比べて痛みが少ない低侵襲治療と言えるでしょう。現在は一泊入院での治療としていますが、将来的には日帰りでの治療を考えています。専門外来として肛門外来を第2,4,5土曜日に設けています。
一般外科
皮膚や皮下の良性腫瘍(粉瘤など)の摘出手術やCVポートの作成なども外科で取り扱っています。皮膚科や形成外科と重なる領域もありますので連携しながら治療にあたります。

外来診察担当表

外科・肛門外科
更新日:2019年7月1日
朝診 井上 正也 白井 康嗣 白井 康嗣 井上 正也 白井 康嗣 井上 正也

担当医
(第2・4・5のみ)
夜診 白井 康嗣 - - 井上 正也 - -

医師紹介

井上 正也

部長

井上 正也

いのうえ まさや

卒業年度
昭和63年 和歌山県立医科大学卒

白井 康嗣

部長

白井 康嗣

しらい やすつぐ

卒業年度
平成元年 和歌山県立医科大学卒

経歴
和歌山県内の公立病院等での勤務の後、泉大津市立病院外科内視鏡外科部長、国立病院機構大阪南医療センター外科医長を経て
平成29年4月より現職。

専門分野
消化器外科・一般外科

資格
日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、医学博士

所属学会
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本癌治療学会、日本臨床外科学会

診療科からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
TOP