お電話でのお問い合わせはこちら

072-422-9909

072-422-9909
薬局 薬局

薬局について

お薬は病気の治療にかかせないものです。しかし適正に使用しなければお薬はかえって毒になってしまうこともあります。
私たち薬剤師は、正確な調剤を心がけるとともに最新の医療・医薬品情報・知識に基づき、患者さまが安全で最大の効果が得られるよう医薬品の適正使用の推進に努めています。
医師や看護師よりも患者さまと接する時間は短いですが、目立たないところで患者さまの治療を支えています。

業務内容紹介

調剤業務(内服・外用・注射)

電子カルテと連動する調剤システムや自動機器などを使用し、効率的で正確な調剤を行っています。
医師が出したお薬の内容は、調剤を行う前に電子カルテで検査値、投与量、投与方法、配合変化、投与時間、副作用がでていないかなどをチェックしてから調剤を行います。一部の検査が必要なお薬などについては定期的にモニタリングを行い、ひとりひとりの患者さまに最適な薬物治療が提供できるよう努めています。

調剤機器
  • 錠剤自動分包機(1回分の薬を1袋ずつにまとめる機械)
  • 注射自動払出機(1人分ずつの注射薬を自動的にだす機械)
  • 軟膏練り機(外用剤を清潔かつ均一に混ぜる機械)
  • 散薬監査システム(粉薬が正確に調剤できる機械)
  • 安全キャビネット(抗がん剤を安全かつ清潔に混ぜるための装置)
調剤業務
調剤業務
調剤業務
病棟業務

急性期病棟(整形外科、脳神経外科、内科外科病棟)には薬剤師が常駐しています。
入院された患者さまに、ご自宅でのお薬の管理方法やお薬アレルギーの確認、入院中に使用するお薬の説明などをさせていただきます。
使用中のお薬で副作用などがでていないかなどもモニタリングしています。
退院時には入院中のお薬の内容や副作用、退院後に注意していただくことなどを説明し、お薬手帳に記載してお渡ししています。
医師、看護師、医療スタッフと協働し、患者さまが安全かつ安心してお薬を使っていただくことができるように努めています。

病棟業務
病棟業務
医薬品情報業務

薬を安全に使用するためには、新しいお薬の情報が必要です。
常に新しい情報を取り入れ、最適な薬物治療に貢献できるようにしています。

入院される患者さま~自宅で使用していたお薬について~

入院されるときには普段使用しているお薬と一緒にお薬手帳やお薬の説明書きを必ずお持ちください。
薬剤師がお薬の服用歴やお薬アレルギーなどを確認することができます。
また、複数の医療機関にかかられている場合、お薬の内容が重複、飲み合わせが悪いことがあります。入院時に重複などのケースがあれば、医師と相談し、お薬の内容を変更させていただく場合があります。

薬局からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
TOP