お電話でのお問い合わせはこちら

072-422-9909

072-422-9909
臨床検査室 臨床検査室

診療科・部門

SECTION

臨床検査室アイコン

臨床検査室

患者さまへ

当院の臨床検査科は、病院内の検査室という特徴を最大限に活かしチーム医療の担い手として24時間365日、患者さまのニーズに柔軟に対応し正確で迅速な報告に努めております。
特に、検査システム及び自動分析機の導入により、採血されてから30分から60分以内で検査結果報告を目標とし、医師が的確な診断、治療が行えるよう外注検査に頼らず、院内検査を充実させてバックアップしています。
また、血液検査のみならず病理検査も当院で実施し内視鏡検査や手術に直結した検査体制を整備しています。

スタッフ

2019年4月1日現在

臨床検査技師8名、検査助手1名

検査内容

  1. 一般検査(尿・便・穿刺液検査)
  2. ① 尿自動分析装置や顕微鏡を用いて、尿中の蛋白、糖、潜血、沈殿物などを調べる検査を行っています。
    ② 便中の潜血や寄生虫などを調べる検査を行っています。
    ③ 関節液、胸水、腹水、髄液などの細菌検査、成分の分析する検査を行っています。

    これらの検査により糖尿病、腎臓疾患、肝臓・胆道系疾患、尿路感染症などの診断に役立てています。

  3. 血液検査
  4. ① 全自動血球計算装置や顕微鏡を用いて、 赤血球、白血球、血小板の数や形態を調べる検査を行っています。
    ② 全自動血液凝固測定装置を用いて、血液のかたまる能力、血栓を溶かす能力を調べる検査を行っています。

    これらの検査により貧血、多血症、感染症、白血病などの血液疾患の診断に役立てています。

  5. 免疫血清検査
  6. ① 酵素免疫測定装置を用いて、感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVなど)、腫瘍マーカー(肺、胃、肝臓、膵臓、大腸、子宮、前立腺など)、間質性肺炎、心不全、敗血症などを調べる検査を行っています。
    ② 自動輸血検査装置を用いて、血液型検査、輸血交差適合検査、不規則性抗体検査などを調べ安全な輸血を行えるように検査を行っています。

    これらの検査により感染症、様々な部位の腫瘍疾患などの診断に役立てています。

  7. 生化学検査
  8. ① 生化学自動分析装置を用いて、心臓・腎臓・肝臓・膵臓・脾臓などの機能を調べたり、コレステロールや中性脂肪などの脂質検査、痛風のときに血液中に増える尿酸、電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)、鉄、亜鉛など様々な血清中に含まれる成分の測定を行っています。
    ② 血液ガス分析装置を用いて、呼吸障害や術後の患者さまの状態を調べる血液中の酸素や炭酸ガスも測定しています。
    ③ 血中の抗菌薬、抗てんかん薬、抗不整脈などの濃度を、正しい投薬が出来る様に測定しています。

    これらの検査で、主な血液検査を網羅し様々な疾患の診断に役立てます。

  9. 生理検査
  10. ① 心電図検査
    ② ホルター心電図検査(長時間日常の心電図を記録)
    ③ 運動負荷心電図
    これらの検査で不整脈や狭心症などの心疾患の診断に役立てています。
    ③ 肺機能検査
    この検査で喘息、肺気腫などの肺疾患の診断に役立てたり、手術前検査として実施しています。
    ④ 血圧脈波検査
    この検査で動脈硬化の度合いを調べます。
    ⑤ 脳波検査
    この検査でけいれん、意識障害、脳障害などの脳疾患の診断に役立てます。
    ⑥ 神経伝導速度検査
    この検査で手根管症候群などの神経疾患の診断に役立てます。

  11. 病理検査
  12. 内視鏡検査や手術などで摘出された組織、臓器を顕微鏡標本にして、病理医が顕微鏡で観察し病気の種類、良性・悪性の鑑別、手術で腫瘍が完全に取り除かれているか、転移の有無などを診断します。

組織写真1
組織写真2

外部精度管理

外部精度管理認定書

毎年、臨床検査の質を維持するため外部精度管理に参加しています。

臨床検査室からのお知らせ

    現在お知らせはありません。
TOP